はじめの1歩

子育て終了、時間と心の余裕が出来たのでイロイロ手を出してみます。

今だから言える話。

今年も、年に1度になったO先生の診察へ行ってきました。

O先生は、夫の命の恩人。

ちゃんと数えると、初診は15年前になるのですが、痛くも痒くもない首筋のリンパ節の腫れを、偶然診て貰ったところ、それは、喉に出来た、怖〜い病気が、転移した結果の腫れでした。

もの凄く混んでいた総合病院なのに、あっという間に検査入院を指示され、放射線治療抗がん剤治療、外科手術‥と、怒涛の日々を過ごし、健康を取り戻しました。

それでも、最初の数年は数ヶ月おきに診てもらい、並行して漢方の病院にも通い、恐ろしく臭い煎じ薬を処方して貰い、再発しないようにあれこれ試す日々でした。

そして5年経った頃には年に2回の診察となり、10年経つ頃には、先生も『あんな凄い状態だったのに治っちゃったねえ。』

でも、目一杯の放射線を当てているので、その後は、放射線治療の後遺症と言える症状がしぶとく出てきて、唾液漏が出来たり、酷い肩凝りになやまされたりで、年に1度O先生に診てもらって安心しているという状況です。

 

今回も、O先生が『もう15年のお付きあいなんですねえ。』から始まり、現在の状態を診て、外科手術で改善出来るかもしれないけれど、『一応普通に生活出来てるからこのままでもいいよね。』とのお言葉。

お互いに信頼関係がないとこんな乱暴な言い方したらトラブルものです。

手術の効果とリスクを比べると、何もしない方がいいということですが、こんなに平たく説明してくれるようになったんだなあ‥と、思わず変な感動をしてしまいました。

 

 

今だから言えるのだけど、O先生の第一印象は最悪でした。

『あと、1か月病院に来るのが遅かったら、ホスピスしか紹介できませんでした。一緒に頑張りましょう。』(こんな凄いコト、サラリと言う?)

治療方法、スケジュール、予後の説明など、聞けば聞くほど打ちのめされることばかり‥。

当事者の夫は、恐怖でフリーズ状態だったのが伝わってくるし、一緒に頭の中真っ白というわけにいかないよね‥。

一生懸命、理解しようと話を聞きながらも、同じことを言うにしても希望を持たせる言い方してくれてもいいのに‥という気持ちも湧いて来て、O先生の顔を見るのも嫌でした。

とにかく、最悪の状況を説明し、一緒に頑張りましょうとは言ってくれても、大丈夫とは言ってくれません。

今だから、O先生のその対応が正しかったんだ‥と理解出来るようになったのですが、

お医者さんって、深刻な状況であるほど、最悪な事態ばかりを説明するような気がします。

聞かされた方は、絶望感、恐怖、フリーズ‥。

そして、八つ当たりだと思っても、目の前のお医者さん顔を見るのも嫌‥という気分。

冷静に考えたら、お医者さんにとっても希望を持たせるためにほんの少しでも甘い見通しを話して、悪い方に転んだ場合、恨まれたり、本人または親族がヤバい系の人だったら、さあ大変ですものね。

お互いの信頼関係が出来るまでは、私がお医者さんの立場でも同じ対応するだろうなあ‥と今では思います。

実際に、治療法を巡ってセカンドオピニオンを求めたこともあり、O先生にはその為の資料作成もお願いしたこともありました。

セカンドオピニオンでお世話になったお医者さんには、担当医が1番怖いのは、患者本人ではなくてその親族だと聞きました。

患者本人は、上手く行かなかったら、この世に居なくなるけれど、親族はショックのあまりに訴えるとか、とにかく色んな人がいるんだそうです。

だから、標準治療から少しでも外れた治療を求めるなら絶対に訴えませんとか、こちらも一筆入れる覚悟が必要なんですよ。

‥と言う話を聞いて、O先生の対応の正しさに気がついた思いでした。

治療で、何度も顔を合わせるうちに、O先生も夫や私のことを、(変な患者、モンスター患者ではないと、)信用してくれたみたいで、説明の表現も柔らかくなっていった気がします。

多分、お互いに信頼関係が出来て治療することが出来たのも、ステージ4から健康を取り戻すことが出来た要因の1つなんだろうな‥と思っています。

 

今年も無事に年1回の診察を終えて、『じゃ、また来年の予約入れときますね。』

最初の怖〜い病は多分完治といえる状況になり、現在は、耳の後ろから唾液が漏れてしまう後遺症がちょっと辛そうなものの、『一応普通に生活出来てるから、いじらなくていいよね。』なんて会話が出来るのも、結構幸せなことなんじゃないかと、思いつつ来年も無事にO先生の診察を受けられますように‥と、病院を後にしました。

唯一の心配は、余計なお世話なんだけれど、O先生が年々おデブになっていること。

相変わらず忙しそうだし、ストレス太りっぽい感じなので、どうぞお身体に気をつけてくださいね。

 

f:id:arakannkoala:20210926162155j:plain

今年は彼岸花の開花が早いですね。この写真は10日前に撮ったものです。



『のってるか〜い』『イェ〜イ』

今週のお題「肉」

 

『(ベルトにお肉が)乗ってるか〜い』

『いえーい(イエース)』

なんですよね、食欲の秋は😅。

万年ダイエッター、趣味のダイエッターを自負する私にとって、秋はヤバい季節。

美味しいモノが勢揃い。

一応は、『食べる順ダイエット』を意識して、血糖値が爆上がりしないように、最初はお豆とお野菜と‥。

そしてお肉。(またはお魚)で、最後に白いご飯を少々。

‥と、気をつけてはいるんですが😅。

お肉もやっぱり太るんですよね。

 

🐔鶏肉

我が家は、鶏肉を食べる時は、夫が居ない時‥でした。

夫は、鶏肉があまり好きではなく、かと言って、全く食べられないという訳ではなくて、はっきり言うとただのわがまま野郎😅。

会社員時代は、接待などで、ちょっと贅沢なお店の焼き鳥を食べたりすると、もう、ウザさ100%。

『なんで、うちの鶏肉はくさいんだろう‥。』と、仰ってくださる。

当時は、食欲の塊の中高生男子2名が居る家庭では、ブロイラー上等、質より量で勝負です。

なので、鶏肉料理は、夫が居ない晩御飯。

何故か火曜日は、飲み会になることが多かったので、私の気力がある時は唐揚げ、時間がない時は親子丼となりました。

息子達も心得ていて、火曜日は朝から、『お父さん、今日飲み会?』と、チェックしてました。

夫、曰く、『ブロイラーのトリトリしたニオイが嫌なんだよね。』(‥ってどんなにおいやねん?)

唐揚げにしてもわかるんだよね‥と、謎の自慢をしていました。

そんな夫に対して次男君、『ブロイラーだって美味しいのに。その美味しさがわからないなんてちょっと可哀想だよね。』😅

長男君は、『どんなモノが出てきても美味しく食べられるよう飼い慣らされた、俺たちって、何処へ行ってもメシ旨くて幸せだよな😜』

‥と、最終的には私へディスリになって返ってきます。

息子達も社会人になり一人暮らしを始めて、夫婦2人の食卓になった今では、、時々鶏肉が登場するようになりました。

そのスーパーで1番高い銘柄鶏に半額シールが付いたときに‥です。

確かにブロイラーでございます‥というにおいはしないけれどネ。

 

 

🐷豚肉

またまた、ちょっとわがまま野郎な夫のネタになってしまいます😅。

もう、10年以上前になりますが、夫は大病を患いました。

喉のこわ〜い病気です。

放射線治療抗がん剤治療、外科的治療のフルコースを経て、健康を取り戻しました。

この病を経験した人の殆どは、再発予防に漢方薬を取り入れたり、食事改善を試みます。

御多分に漏れず、我が家でも病気になる前と同じ生活をしてはいけないという観点から、ソフトな菜食玄米食を取り入れた時期がありました。

喉の手術後は、体重も大幅に落ちているし、あまり極端な食事改善はできませんが、夫だけ肉食を辞めていた時期がありました。

夫にとっては、ガチな菜食玄米食という訳ではなかったのですが、効果は超健康な💩うん◯になって現れました。

体調もよくなった気もして、結構続いたのですが、時々気まぐれにお肉食べようかな‥と、思うことがあるそうで、家族の食事用に大皿盛りになった肉料理のカケラをつまもうとすると、

今度はブタブタしたにおいが鼻をつき食べる気がなくなると、言うのです。

手術から数年経った頃のことです。

外食や、奮発して、普段買わないお高い豚肉を買っても相変わらずブタブタしてる‥と、本人以外には謎の文句を言って、食べることはできませんでした。

結局、元のように食べられるようになったのは、焼き肉を解禁して、牛肉なら食べられるゾ‥と、なってから、再度豚肉にチャレンジし、ブタブタしたにおいをあまり感じなくなってからでした。

ブタブタしたにおいというのは、いわゆる獣においのようで、年単位で、肉を食べない生活をすると、敏感に感じるようになるのではないかと思います。

 

 

🐮牛肉

まだ息子達が小学校の低学年の頃、焼肉を食べに行くというと、弾んで歩くほど嬉しい食事だったようです。

当時は、今のような食べ放題システムがなかったので、彼らの食欲のまま注文をいれると、家族4人で、安いチェーン店の焼肉屋さんでも諭吉様は簡単に消えていました。

その脅威の食欲怪獣の前に、実家の両親が大奮発して、デパ地下で、国産牛100g1000円のお肉をなんと1kg買ってきてくれたことがありました。

その日は、そのお肉で、うちの家族4人とじーちゃん、ばーちゃんの6人ですき焼きにしました。勿論、大量の白滝や豆腐にネギにしいたけも追加したのですが、あっけなく完食。

息子達にでも、このお肉美味しいね、柔らかいね‥と『違いのわかる男』になっていました。

でも、普段は質より量の我が家、国産牛は手が届かずもっぱらオージービーフ

わがまま野郎の夫は、やはり『ウシウシしてる‥』ではなくて(笑)、硬いと、文句タラタラ。

そのせいか、我が家で牛肉のメニューは圧力鍋で、柔らかくしたシチューとかカレー、または、大量のピーマンでカサ増しされた青椒肉絲、そして時々焼肉屋さんへ‥。

夫婦2人になった今の食卓では、たまーに、A5ランクの国産牛ですき焼きにしますが、勿論半額シールが付いた時なので、狙いを定めて夕方5時にスーパーへ行っても空振りすることもある、未だにレアなご馳走です(笑)。

 

 

 

❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️❤️

 

特に大阪枚方市界隈にお住まいの方、是非、下のリンクをクリックして下さると嬉しいです。

はてなブログを同時期ぐらいに始められた方で、最近は更新していなかったのですが、

久しぶりの更新で、情報の拡散を希望されています。

このコロナ禍で困窮している方へ、枚方市の福祉協議会に協力する形でお弁当の無償配布を計画されているそうです。

大阪界隈の方、勿論それ以外の方も下のリンクのクリックして、情報を拡散していただけると嬉しいです😆

 

www.kokomoku.com

何処かへ行きたいなあ。

9月に入ってから曇りや雨の日が多く、数えるほどしか晴天の日が無く、気がつくと吹く風に涼しさを感じるようになりました。

ふと玄関先を見ると、彼岸花がにょっきりと出ていました。

今年は、やはり花ごよみも少し早いような気がします。

f:id:arakannkoala:20210915152451j:plain

数日前の新聞に、今年も巾着田彼岸花、密を避ける為に開花前に全部刈り取ったという記事がありました。

この巾着田、埼玉県日高市にある彼岸花の名所で、500万本のスケールで咲き誇る関東でも人気の彼岸花スポットです。

今年こそは、見に行けるかな‥と思っていたのですが、私のような思考回路の人が結構居たようで、問い合わせの電話が多かったらしく、刈り取ることになったとのこと。

残念です😅。

f:id:arakannkoala:20201003064807j:plain

日高市のホームページよりお借りしました。巾着田です。

この風景を来年は見ることが出来るといいなあ。

 

 

昨年の今頃、我が家はウオシュレットが故障し、10年以上使っていたので、買い替えをしたのですが、もう1箇所のトイレのウオシュレットも、夏頃からちょっと怪しくなりいよいよ決定的におかしくなってきました。

ノズルを出しながら、水を噴射してきたり、強さの調節が全く出来ず、ある時は最強で、ある時は、ノズル洗浄を勝手にやり始め‥という感じで、ウオシュレットが認知症になってしまったようです(笑)

前回の時は、買い替え前提でホームセンターへ行ったのですが、今回はメーカーのショールームに直接行ってみることにしました。

が、なんと休館日。トホホ‥。

ウオシュレットは近日中に交換することになると思いますが、今日はあてが外れたので、

天気も良いし車でちょっと足を伸ばして『大宮花の丘農林公苑』へ。

この季節は、サルビアが見頃です。

f:id:arakannkoala:20210915155235j:plain

f:id:arakannkoala:20210915155315j:plain

f:id:arakannkoala:20210915155352j:plain

f:id:arakannkoala:20210915155417j:plain

軽く小1時間散策しました。
この公苑には、野菜直売所もあり、このところの野菜高騰もあり、安さを期待して立ち寄るつもりだったですが、入場制限しており、列が出来ていました。

その列が、建物内だしかえって密な気もするなあ‥と思い断念。

近所のスーパーで買い物をして帰宅しました。

今日は、思いがけずに、ちょっぴりお出かけ出来ましたが、

久しぶりに、青空がのぞくと、何処かへ行きたいなあ‥と、思います。

ホント、コロナの馬鹿野郎ですね。

 

もちまる、可愛い💕。

今朝の羽鳥さんのモーニングショーで、『もちまる』の話題が流れていた。

『もちまる』ってYouTube『もちまる日記』の人気絶大な猫ちゃん。

この『もち様』(もちまる君のこと)、YouTubeで最も視聴された猫として、ギネス世界記録の認定を受けたんだそう。

それがこの猫ちゃん。

f:id:arakannkoala:20210910164433j:plain

 


www.youtube.com

 

文句なく可愛い💕。

番組では、この『もち様』の人気の解説をしていた。

まず、可愛い猫の3つの要素を持っているんですって。

1、目がくりくりして大きい。

2、左右対称なお顔。(もち様は、顔つきだけでなく、柄も左右対称とパーフェクト)

3、両目と鼻を結ぶ線が逆三角形という、可愛い黄金比を持っている。

‥確かに、この要素をクリアしている😊。

 

そしてYouTubeで、人気絶大となったのは、動画の撮影アングルが低くて、視聴者は飼い主目線で楽しめることと、『もち様』の性格。

猫の可愛い仕草と、犬の可愛い性格を併せ持っているからでは?とのこと。

動画の中で、お手もしてみせるし、投げたボールを嬉々として拾ってきたりして、ワンコっぽい姿を見せたりもする。

コメンテーターの長嶋一茂氏が、

『犬は人に気を遣うけれど猫は至ってマイペース。だから、猫と一緒に寝てもいいけれど、犬はダメ。人間に気を遣って眠りが浅くなってしまうから。』‥と、ウンチクを垂れていたが、

それぐらい猫なのに犬の可愛い、良い部分も持っているんだから、このもち様可愛いなあ‥と、ホッコリした雰囲気に包まれていた。

ちなみに、YouTube視聴による収入は推定で2億円ですって。

すご〜い。

 

 

 

私は犬や猫のペットを飼ったことがない。

住まいが社宅とか、団地とかマンションだったので環境的に不可だったし、結婚後は転勤の可能性も加わり、やはり飼えなかった。

やっと現在環境的には飼えるようになったけれど、ペットの寿命と自分の年齢を考えると、体力的にも心配。

ご近所さんも、我が家がこの地に越してきた時は、犬を飼っているお宅が多かったが、住民の年齢の上昇とともに、犬を飼っている人は減っていった。

うちの両隣のお宅も犬や猫を飼っていたけれど、とても可愛がられているとみえ、その犬や猫の顔つきが甘えん坊さん。

最初はみなさん庭で飼っていたのに、今では殆どが室内飼い。

最近では庭に犬小屋やゲージで飼うのは少数派になったらしい。

もち様の動画を見ると、家の中でも十分に飼える猫の人気もとてもよくわかるし、私も猫もいいなあ‥と、思わず猫の寿命を考えたところ。😅

 


www.youtube.com

 

でも、最後は、この心配で、断念している。

このACジャパンの広告のように一目惚れで飼い始めて最期までお世話出来るか‥という問題。

それに可愛いワンコでも性格が猫みたいな『逆もちまる』の可能性もあるし‥。

なーんて、朝から、ペットが欲しいと思ったけれど、やっぱり無理だなあ‥。

もち様やブロガーさんのペットの甘えん坊さんが滲み出たお顔を見て癒してもらおうと思っている😊。

 

 

一気に秋?カネタタキの秋?

今日も涼しくて、9月になってからエアコンも扇風機も出番がありません。

暑がりの私としては、1年中ずーっとこんな気候が続いてくれると嬉しいんだけどな😊。

でも、9月という感じがしないし、つい一週間前は汗ぐしょになっていたのが嘘みたいです。

9月に入ってから連日20℃ぐらいの雨降りの毎日。

昨日は、久しぶりに薄日が差したのだけど、一斉にセミが鳴き出しました。

と、言ってもツクツクボウシ一色になってしまったけれど。

夜になると、コオロギの大合唱がパワーアップしていました。

あっという間に秋ですね。

 

f:id:arakannkoala:20210905205309j:plain

庭のキンカンの花が満開でした。

今まであまり意識していなかったけれど、キンカンってこの季節に花を咲かせるんですね😊。

 

 

 

雨の止み間に回覧板をお隣さんへ持って行く途中、道路にクワガタ虫が落ちていました。

ツノも大きくて立派なクワガタ虫。

でもよく見ると、鳥に襲われたのか、羽に大きな傷が付いています。

捕まえようとすると、ツノを振り上げて、生意気にも威嚇してきます。

物置きを漁って飼育ケースと、園芸用の土を調達し、昆虫ゼリー代わりにこんにゃくゼリーだけど、元気になあれ‥と、保護することにしました。

f:id:arakannkoala:20210906071022j:plain

見にくい写真だけど、久しぶりにクワガタ虫の飼育。

サイズ的には、Gとあまり変わらないし、見た目も一瞬間違えそうだけど。(笑)

クワガタ虫はお世話しようという気持ちになるけれど、G には悲鳴と共に臨戦態勢なってしまうのも、人間の身勝手ですよね😁。

そのクワガタ虫君、残念ながら、今朝、全く動かなくなっていました。

ちーん😓。

 

 

 

 

カネタタキという虫が家の中に住み付いているらしいのです。

この虫です。

youtu.be

YouTubeよりお借りしてきました。

虫の姿というより、この虫の音、この季節になるとよく聞こえませんか?

チンチンチンチンチンチン‥。

不思議なことに、外ではなくて、家の中からこの声がするのです。

夕方から鳴き始め、夜遅くなり、家の中のテレビの音もなくなると、更に存在感を増します。

でも、声はすれど姿は見えず‥という状態でしたが、昨夜はテレビの裏から出没し、キッチンへ逃げ込みました。

f:id:arakannkoala:20210906075410j:plain

あんな大きな声で鳴くのに、鈴虫サイズで、羽も短くて、コオロギの子供かと思ったほどです。

でもとても素早くて、結局逃げられてしまいました。

実は毎年、この季節になると、家の中で、この虫の声を聞いていました。

毎年買いに行くぶどう直売所で大合唱しているので、ぶどうに付いて一緒にお持ち帰りしたのかなあ‥と、思っていたのですが、今年は、まだその直売所には行っていません。

‥ということは、去年入り込んでいたカネタタキが無事に世代交代した姿なのかなあ‥。

毎年出没するので、我が家では秋の風物詩的な扱いにはなっているのですが、

何を食べているのかな‥とか、

間違って家の中に入ってきたなら出してあげないと餓死したら可哀想だよね‥なんて思い、調べてみました。

🦗カネタタキ🦗

バッタ目キリギリス亜目コオロギ上科カネタタキ科の昆虫。

体長1.3から1.5cm。

鳴くのはオスのみで、噛んだり刺したりしない。

雑食性で特にナスやキュウリ好む。

‥とのことで、特に害は無さそうだし、餓死する心配もないと思うので、我が家では放置プレイすることにしました。

ただ、かなり鳴き声が大きいので、神経質な人は追い出した方が良さそうです。

カネタタキ、なんと、自分で好き好んで家に入ってくるらしく、G のように僅かな隙間があれば入ってくるようです。

捕まえるのは、小さくて素早いので、なかなか難易度は高めです。

でも、ゴキブリホイホイによくかかるそうです😁。

 

 

f:id:arakannkoala:20210906115649j:plain

我が家のクチナシです。

何故か、梅雨時と、秋口に咲くのですが、今年はやはり早く咲き始めました。

東京には低温注意報が出ているそうですが、隣の埼玉もきっと出ていますよね。

このまま涼しくなったら野菜の価格が上がりそうなので、それも困りますが、今年は季節の歩みが急で早いようです。

秋の足音。

暑い夏も終わりが見えてきました。

昨日の雷雨から、気温が下がり、夜にはコオロギの声が一段と大きくなりました。

今朝は、少し蒸しているものの気温が下がったシトシト雨の9月のスタートとなり、セミも鳴いていません。

そして、今朝、朝刊を見てびっくり‼️

f:id:arakannkoala:20210901071408j:plain

眞子さま、遂に結婚されるんですね😅。

皇室の終わりの始まりにならなきゃいいけれど‥というのが第一印象。

一般の結納にあたる『納采の儀』や、結婚式は行わない方向で検討されているそうで、皇籍離脱し、米国で新生活をされる見込みとか‥。

勝手にどうぞ。

皇籍離脱すれば一般人なんだし、ある意味皇室から厄介払いされたようにも見えてしまいます。

しかし、あんな母がいるのに、結婚を許す秋篠宮家ってダメダメですね。

一般家庭でも、金銭トラブルまみれで、詐欺疑惑もあって、しかもタカリ体質で、利用出来るものは何でも利用して、とにかく人のお金で贅沢しようとしてきた母親が居た時点で、アウトでしょう。

たとえ、当人が魅力的な人であっても、親なら全力阻止するのが普通だと思いますが。

眞子さまにとって、『結婚は生きていくために必要な選択です』と、結婚への強い意志を示されていましたが、自分の立場も分かっていらっしゃらなかったんですね。

何故、生まれた時から『さま』を付けて呼ばれ、最高の生育環境で、最高の教育を受けてきたのか‥。

秋篠宮家がちゃんと教育されてこなかったのか、本人が学んでこなかったのか‥。

『婚姻は両性の合意のみ基づい成立する』との憲法の規定を理由に、突破するお考えなら、これからは、金銭面でも一般人として米国でお暮らし下さい。

皇籍を離れたらもう一般人なんだから、米国で警備するお金、自分で出して下さいね。

皇室に関する原資は税金なんですから、義母と一緒にたからないで下さいね。

‥と、皇室へ今までさほど関心がなかった私でも、嫌悪感しか湧いてきません。

これだと、次の天皇という時に、小室サンが義理の兄で、あのタカリ体質の母親も皇室の親戚になるんでしょう。

うーん‥。

秋篠宮家にとっても、衰退の秋、やっぱり終わりの始まりになってしまったような気がします。

 

 

 

涼しくなってきたので、冬に仕込んだ味噌をとり出しました。

1月に仕込んだので、ぼちぼち出来上がっているはずです。

本来は、夏場に天地返しといって、発酵が進み易いようにお世話するのですが、昨年も放置プレイでも、何とかなっていたので、今年も初めて中を見ることになり、緊張の一瞬です。

昨年は、10月の終わりごろに、取りだしたのですが、今年は頑張って2樽仕込んでいるので、少し早い気もしますが、1つ出すことにしました。

f:id:arakannkoala:20210901101358j:plain

よかった。

ちゃんと出来ていました。

カビが生えないように、表面はラップでしっかり覆っていたのですが、縁にはどうしても隙間が出来てしまい、そこにカビが生えてしまいます。

今回も少し生えていたので、取り除いたのが、この写真です。

 

味噌を作るというと、すごく大変そうなイメージを持っていましたが、実はそんなことはありません。

作る量にもよるけれど、大豆を煮て、潰してという作業に時間がかかるので、大変そうなイメージがあるような気がします。

カビが生えてしまってもその部分を取り除けば大丈夫です。

変に減塩を意識して、塩の量を極端に減らすなんてことをしたら、ダメかもしれませんが、

麹の外袋に書いてある分量で仕込めば、『私、失敗しませんから』と、某ドラマのように胸を張って言えそうです😁。

例年より早く取りだしたので、味噌の色も明るいし、麹の粒が残っていましたが、『粒味噌』というのがこの状態とのことなので、大丈夫でしょう。

(小心者なので、一応ネットで調べました😁)

使う分だけ取りだし、またラップをかけて発酵を進めてもよいのですが、それも面倒なので😅、全部、取りだして別の容器に詰め替えて冷蔵庫保管することにします。

f:id:arakannkoala:20210901103546j:plain

これだけの量を冷蔵庫に入れると、場所塞ぎだなあ‥と思いつつも、夏ほど飲み物を冷やすということをしなくなるので、何とか冷蔵庫に収まりました。

今週は、曇りや雨マークばかりの天気予報で、気温も30℃に届く日はないようです。

私にとっては、食欲の秋が早々とやってきたようです😊。

コレ、地味に面白かった😊

夫は昔からテレビ大好きのテレビっ子。(年齢的にはテレビじーさんですね😜)

毎朝、テレビの番組欄をチェックして、気になる番組は録画予約しています。

結局観ないで消してしまうものも沢山あるけれど、久しぶりに面白い番組に出会いました。

過去に結構話題になっていたようなんだけれど、再放送で今頃知った私。

何となく見始めたたら、しっかり見てしまったというパターンなんですが‥😅。

 

 

『植物に学ぶ生存戦略 話す人 山田孝之』という番組です。

Eテレでやっていた番組で、2019年の初回放送の時に結構話題だったようで、短く編集して再放送して、それも話題になり、その再放送を録画してあったものを今頃発掘したということです。

f:id:arakannkoala:20210826144934j:plain

植物達の生態や生存戦略を解説する、内容はマジメな植物の番組なんだけれど、

植物を大胆に擬人化して、とってもシュールなコント風に仕上がっています。

かなり面白いことを言っているのに出演者の山田孝之さんとNHKの林田理沙アナウンサーが、表情1つ変えずに、真顔でのやり取りが、私にとってはツボにハマりました。

たまたま見たのが、このシリーズの第2弾。

梅のニセモノだらけの繁栄戦略。

オオイヌノフグリという不幸な名前(笑)の花の巧妙な仕掛け。

チューリップの世界戦略。

‥という内容なんだけれど、1つが10分にまとまっています。

至ってマジメで、その植物の生態を分かり易く、かつ面白くて『1つお利口になりました』という感じです。

とにかく面白かったので、続編が見たいなあ‥と思っていました。

 

‥なんですが‥。

実は、この録画自体がほぼ1年前もので、録画の容量が無くなってきたので整理していて偶然発掘したという感じで、今見ようとすると、NHKオンデマンドの見放題パックを契約するとか、個別に購入するとか、DVDを入手するしかないようです。(残念😅)

この番組がそもそも再放送だったので、更なる再放送に期待は出来ないのですが、今更ながらEテレって面白い番組が結構混じっているんですね。

なんとか、無料で見る術はないものかと、NHKのホームページ見たり、Eテレのホームページを探していたのですが、 『植物に学ぶ生存戦略‥』に関しては、NHKオンデマンドで見るしかないようです。

契約されている方は、是非、オススメします😊。

今回は、すっかりNHK の回し者です。(笑)

でも、根がおケチな節約主婦の私、これからはEテレもしっかりチェックして、夫にとりあえず録画を頼んでおこうかな‥と思っています。